【悲報】防潮堤が高すぎる!低く造り直せ!地元住民らが県に要求

宮城県気仙沼市魚町地区に建設中の防潮堤の一部が県のミスで計画より22センチ高く造られた問題で、地元住民らでつくる「内湾地区復興まちづくり協議会」は7日、同市役所で記者会見し、県が示した陸側かさ上げ案を受け入れない方針を明らかにした。

(省略)

 協議会によると、その後、かさ上げの対象となる地権者らに非公開で意向確認したところ、県の姿勢に対する反発のほか、「かさ上げで生じる段差で不利益を受ける住民が出る」などと、さまざまな反対意見があり、県の案に合意を得られなかったという。

<防潮堤工事ミス>県の陸側かさ上げ案拒否 地元住民協議会
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000013-mai-soci